So-net無料ブログ作成
検索選択

冬の洗車はツライっすね

みなさん洗車してますか?
あっ言わなくても知ってます。
してないでしょ(笑)

そんな俺は、もちろん洗車なんてしていません。
だって寒いんだもの。

でも洗車しなければ車は汚れる。
だから、ガソリンスタンドで洗車カードなるものを購入して、ドライブするー洗車をたまにしています。

ドライブするー洗車なら車から降りなくて良いから、寒い冬にピッタリです。
でも・・・。
洗車機ギリギリのサイズの車の場合、洗いムラが多すぎるのがたまにきず。
それにこの前なんかは、洗車機が後ろの方に行った時に、なんか車が揺れて、ギューなんて音がしてた。
洗車終了後に後方を確認したけど、何もなってなかったので良かったけど。

そう言えば、昔乗ってた車のリアワイパーが洗車機に巻き込まれてグニャグニャになった事があった。
スタンドのオジサンに言ったら、詫びも無く手でギュッっと曲げて直りましたって言われた。
一言詫びるなり何なり、もう少し丁寧な対応をして欲しかった。

で話は変わるけど、以前書いた、車に付いた樹液の件なんだけど、水で落とすよりももっと効率の良い方法を見つけました。

使うのはママレモン(←いまどき言わない?要するに台所用の食器洗剤ね)と、固く絞った雑巾だけ。
前に書いた方法みたいに、水だけで樹液を落とすと樹液の油分でベトッと伸びてしまう事があるのだけど、ママレモン(←まだ言うか!)を使うと、ママレモン(←言いたいだけ)の界面活性剤が樹液の油分を覆って綺麗に取れるのです。

やり方は簡単。
右手、もしくは左手の人差し指の先に少量の食器洗剤を出します。
食器洗剤はママレモンじゃなくてもジョイくんでもOKです。
俺が使うのは100円均一(ダイソー様)のやっすい洗剤です。
ちなみに暖かい季節はこれで洗車してます。

それで、洗剤の付いた指先で樹液を優しくなでます。
するとあら不思議、みるみる樹液が取れていきます。

樹液が取れたら、洗剤を固く絞ったタオルでふき取っておしまいです。
簡単でしょ。

この方法なら真夏の熱いボディーの時でも、車にウォータースポットを付けずに綺麗に出来るかなって思います。
俺天才!
だからnice!ボタン連打してください。

そう言えば、【黄ばみ】ヘッドライト磨き【曇り】で書いた後に、ヘッドライトクリーナーに付属しているコーティング材を買いに行くのが面倒になったので、ガラス系のコート剤をぶっかけたのですが、大正解でした。
あれから3ヶ月ほど経ちますが、ヘッドライトはまだピカピカです。

ガラス系のコーティング剤って便利ですよね。
施工は簡単だし、車はピカピカになるし、耐久性もあるしで言う事なし!

あっでも1個だけ言う事あった。

ガラス系のコーティング剤って親水性だから水を弾かないのだけど、やっは洗車してワックスかけたらバリバリに水を弾いた方が気持ち良いんだよね。
まあ、水を弾くイコールでウォータースポットの原因ではあるのだけど、雨の日なんかにバリバリに水を弾いてる車を見るとウットリしちゃいます。

だから、ガラス系コーティング剤を使うようになってからは、ガラスにガラコ塗りまくって、ガラスだけで我慢してます。

だからナニ?なんて言わないで、最後まで読んでくれてありがとう!

nice!(146) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。